クローズアップシュート バスケットボール上達革命 DVD 東英樹 短期間 上手くなる練習法

MENU

クローズアップシュートのポイント

ゴール付近はディフェンスの密集地帯であることから、シュートに行っても思わぬところからコースに入り込まれたり、ブロックショットに跳んでくることもあります。

 

 

その為、常にそういう事態に備えておく必要がありますが、そんな時に効果的なのがクローズアップシュートです。
やり方は、レイアップと同様に、ワン、ツーのステップをきり、スピードを調節して2ステップ目で真上にジャンプします。

 

 

そうすることで、コースに入ってくるディフェンスへのチャージングを避けることが出来ますし、ループもかけやすくリズムも変わってくるので、ブロックショットのタイミングをずらし、かわすことが出来ます。

 

 

脚はレイアップと同じようにして、上半身はジャンプシュートの態勢で打ちます。
その為、バランスを崩しやすというのが課題です。
ですが、2歩目の引き上げ足を高く上げることでボディーバランスは上手くとれる筈です。

 

 

とは言え、言葉で説明しても難しいので、何度も練習して、経験を積んで掴んで下さい。
それにはステッの段階で、上手くスピードをコントロールすることがクローズアップシュートのポイントです。

 

 

また、バランス崩しそうな時には、狙いが定まるという点ではボードを使うバンクシュートがとても有効です。
直接リングを狙うのとはボールの軌跡が違うので、ブロックショットかわすことにも効果がありますよ。

 

 

なお、あるレベルのプレーが出来ないのは、必ずやその前のどこかに課題があるということに他なりません。
そのことを忘れずに、ただ高いレベルを求めるのではなく、段階を追ってしっかりと練習に取り組んでいきましょう。